ニュース&トピックス

三都主 アレサンドロさんに加古川観光大使を委嘱しました。

投稿日:2018年1月15日

1月11日、加古川市の姉妹都市「ブラジル・マリンガ市」出身の【サッカー元日本代表】三都主 アレサンドロさんの加古川観光大使委嘱式を行いました。
【プロフィール】
1977年ブラジル・マリンガ市生まれ。1994年、16歳でブラジルから高知県明徳義塾高校にサッカー留学のため来日。
1997年、清水エスパルスに入団。1999年には史上最年少の22歳でJリーグMVPを獲得。2001年11月日本に帰化。
2002年日韓W杯、2006年ドイツW杯では日本代表に選出。国内では浦和レッズや名古屋グランパス等でもプレー。2016年、ブラジルで現役を引退。
現在は「INSTITUTO ALEX SANTOS」の代表に就任し、ブラジルの子供たちがスポーツを楽しむためのサポートを行っている。