観光モデルコース

野口公民館エリア 歴史上の偉人コース

  • 地域別で探す
  • 北西部
  • 北部
  • 西部
  • 中央部
  • 南部

歴史上の偉人コース

このコースのポイント

所要時間1時間42分

加古川ゆかりの人物の中には、教科書にも載っているような偉人がいたことをご存知ですか?

昔のお札のデザインにもなった偉人や誰もが知っている剣豪など、こんな人物が加古川に?と思えるコースです。

PDFをダウンロード


この地図(Google Map)は、JavaScriptというプログラムを使用して表示しております。ご利用のブラウザ環境ではJavaScriptが切られているためご覧いただけません。
A:野口公民館(兵庫県加古川市野口町長砂49−5)

次の目的地までの移動手段と時間徒歩 9分

B:駅ヶ池(兵庫県加古川市野口町野口)
駅ヶ池
加古川で仏教を普及させたことで有名な教信上人が土地の人にもらった鮒を食べたところ、それを見た者から「僧にあるまじき行為」と非難された。
そこで教信上人はその者を駅ヶ池ヘ連れていき、「仏道修行者は魚を食うもよし、食わぬもよし」と口から吐き出したところ、鮒は何事もなかったように泳いだと伝えられている。

次の目的地までの移動手段と時間徒歩 4分

C:大歳神社(兵庫県加古川市野口町古大内)

次の目的地までの移動手段と時間徒歩 7分

D:教信寺(兵庫県加古川市野口町野口465)
教信寺
天台宗の寺院で、本尊は阿弥陀如来(あみだにょらい)。
平安時代前期の僧、教信上人(きょうしんしょうにん)がこの土地に庵を作り、庶民仏教の普及に努めた所である。
幕末期に、本堂を焼失したが明治に書写山円教寺の念仏道場を移築し、それが現在の本堂となっている。
また、教信上人の命日には、毎年「野口念仏」と称し、会式を行っている。

次の目的地までの移動手段と時間徒歩 9分

E:宝篋印塔(兵庫県加古川市野口町坂元)

次の目的地までの移動手段と時間徒歩 16分

F:龍泉寺(兵庫県加古川市加古川町平野)

次の目的地までの移動手段と時間徒歩 1分

G:胴切れの地蔵(兵庫県加古川市加古川町平野)

次の目的地までの移動手段と時間徒歩 6分

H:泊神社(兵庫県加古川市加古川町木村658)
泊神社本堂
伊勢神宮の御神体(神がやどるもの)の一つである御鏡がここに流れ着いたことから泊神社ができたといわれている。
祭神は天照大神(あまてらすおおみかみ)・少彦名神(すくなひこなのかみ)・国懸大神(くにかかすおおかみ)。
現在の社殿は、1653年に宮本武蔵(みやもとむさし)の養子である宮本伊織(みやもといおり)が改築した時のものといわれている。
境内にある文化財及び建物8棟が国登録文化財に登録されている。

次の目的地までの移動手段と時間徒歩 20分

I:鶴林寺(兵庫県加古川市加古川町北在家424)
鶴林寺
589年、聖徳太子が16才の時、秦河勝(はたのかわかつ)に命じ、仏教をひろめるための道場として建てられた。釈迦三尊(しゃかさんぞん)と四天王(四天王)を祀り「四天王寺聖霊院(してんのうじしょうりょういん)」と称されたのがこの寺のはじまりといわれ、播磨の法隆寺(ほうりゅうじ)とも呼ばれている。また、加古川市内の指定文化財のうち、ほぼ半数近い貴重な文化財を有する寺院でもある。

次の目的地までの移動手段と時間徒歩 30分

J:野口公民館(兵庫県加古川市野口町長砂49-5)