観光モデルコース

別府公民館エリア 港めぐりコース

  • 地域別で探す
  • 北西部
  • 北部
  • 西部
  • 中央部
  • 南部

港めぐりコース

このコースのポイント

所要時間2時間55分

海に面している加古川市ですが、意外と港のことは知られていません。

播磨灘の港は、古くは漁業の中心地としてまた、近代には工業の発展に大きく関わってきました。

潮の香りを感じながら穏やかな港の水面を訪ねてみませんか?

PDFをダウンロード


この地図(Google Map)は、JavaScriptというプログラムを使用して表示しております。ご利用のブラウザ環境ではJavaScriptが切られているためご覧いただけません。
A:別府公民館(兵庫県加古川市別府町宮田町3−3)

次の目的地までの移動手段と時間徒歩 18分

B:海洋文化センター・別府みなと緑地(兵庫県加古川市別府町港町16)

次の目的地までの移動手段と時間徒歩 5分

C:別府港(兵庫県加古川市別府町港町)
別府港
播磨灘にある港で、東播磨港とも呼ばれている。
加古川と、その支流である別府川の河口に作られている。
昔は遠浅の海が広がっていたが、工業の発展とともに、工場から必要な資材を船で受け取ったり、船で運びだすのに便利なように埋め立てられた。

次の目的地までの移動手段と時間徒歩 3分

D:あかがね御殿(多木浜洋館)(兵庫県加古川市別府町東町174)

次の目的地までの移動手段と時間徒歩 41分

E:住吉神社(兵庫県加古川市別府町東町157)

次の目的地までの移動手段と時間徒歩 53分

F:阿閇神社(兵庫県加古郡播磨町本荘)

次の目的地までの移動手段と時間徒歩 8分

G:阿閇漁港(兵庫県加古郡播磨町本荘)
あえ漁港
江戸時代の頃から漁港として栄えている歴史ある港。
731年の『住吉大社神代記』(すみよしたいしゃじんだいき)にも「賀胡郡阿閇津浜一処(かこぐんあえつはまいっしょ)」として登場しており、漁港だけでなく海上交通の要所でもあったと思われる。
現在は隣の古宮漁港の方が船も多く、漁業共同組合も古宮と合併されている。沖に出ればクロダイやタコなどが釣れる。

次の目的地までの移動手段と時間徒歩 13分

H:古宮漁港(兵庫県加古郡播磨町古宮)
古宮漁港
船の数も多く、休日には防波堤で釣りを楽しんでいる人もいる。
また、沖釣りをする人を乗せる渡船もあり、近くには渡船業を営む家も見られる。

次の目的地までの移動手段と時間徒歩 34分

I:明石海浜公園(兵庫県明石市二見町南二見)