観光モデルコース

鶴林寺・歴史さんぽ

  • 地域別で探す
  • 北西部
  • 北部
  • 西部
  • 中央部
  • 南部

鶴林寺・歴史さんぽ

このコースのポイント

所要時間1時間15分

宿場町の町並みが残る寺家町周辺からスタートして、国宝「太子堂」のある鶴林寺まで。

半日で回れる加古川の歴史体験コースです。


この地図(Google Map)は、JavaScriptというプログラムを使用して表示しております。ご利用のブラウザ環境ではJavaScriptが切られているためご覧いただけません。
A:JR加古川駅(兵庫県加古川市加古川町篠原町30-1)

次の目的地までの移動手段と時間徒歩 5分

B:寺家町周辺(兵庫県加古川市加古川町寺家町)
宿場町の面影が今なお残る町並みです。

次の目的地までの移動手段と時間徒歩 5分

C:光念寺(兵庫県加古川市加古川町寺家町472)
俳人・松岡青蘿(まつおかせいら)ゆかりのお寺です。

次の目的地までの移動手段と時間徒歩 6分

D:称名寺(兵庫県加古川市加古川町本町313)
真言宗の寺院で本尊は阿弥陀如来です。寺の付近一帯が加古川城跡となっています。

次の目的地までの移動手段と時間徒歩 6分

E:春日神社(兵庫県加古川市加古川町本町592)
境内には赤い壁があり赤壁さんと言われています。赤壁さんには化猫話が伝えられており、映画化もされました。

次の目的地までの移動手段と時間徒歩 8分

F:泊神社(兵庫県加古川市加古川町木村658)
宮本武蔵の養子である宮本伊織が改築した時のものといわれています。

次の目的地までの移動手段と時間徒歩 15分

G:鶴林寺(兵庫県加古川市加古川町北在家424)
589年、聖徳太子が16才の時、秦河勝に命じ仏教を広げる為の道場として建てられました。「播磨の法隆寺」とも呼ばれています。

次の目的地までの移動手段と時間徒歩 30分

H:JR加古川駅(兵庫県加古川市加古川町篠原町30-1)