観光スポット案内

鶴林寺(カクリンジ)

  • 50音で探す
  • あ行から探す
  • か行から探す
  • さ行から探す
  • た行から探す
  • な行から探す
  • は行から探す
  • ま行から探す
  • や行から探す
  • ら行から探す
  • わ行から探す

本堂

  • 鶴林寺
  • 太子堂
  • 鶴林寺公園
  • IMG_1050 - コピー

589年、聖徳太子が16才の時、秦河勝(はたのかわかつ)に命じ仏教をひろめるための道場として建てられました。

釈迦三尊と四天王を祀り「四天王寺聖霊院」と称されたのがこの寺のはじまりといわれ、播磨の法隆寺とも呼ばれています。

平安時代の壁画が見つかった県下最古の木造建築物、国宝「太子堂」や、泥棒が盗み出し壊そうとしたら「アイタタ」という声が聞こえてきたため、改心したと伝えられている「銅造聖観音立像」など、多くの文化財が残されています。

所在地
兵庫県加古川市加古川町北在家424
お問い合わせ
鶴林寺寺務所(Tel.079-454-7053)
関連サイト
鶴林寺
http://www.kakurinji.or.jp/
営業時間
9:00~16:30
オススメ情報
ちょっとワンポイント
なぜか1ヵ所だけの「三面鬼瓦」
三重塔の屋根の四方に鬼瓦が乗せられています。
これはお寺ではよく見かける風景ですが、よく見ると南西側の鬼瓦だけが、なぜか三方に睨みを利かせている三方鬼瓦となっています。
その理由は、南西側が裏鬼門になっていて、魔除けのためではないかといわれています。
アクセス方法
かこバス「鶴林寺」
加古川駅前3番のりば
その他備考
入山料:大人500円、小・中学生200円
宝物館入館料:大人500円、小・中学生200円
(団体割引あり・障がい者手帳の提示で本人と同伴者1名まで無料)
わがまち加古川60選No.11
この地図(Google Map)は、JavaScriptというプログラムを使用して表示しております。ご利用のブラウザ環境ではJavaScriptが切られているためご覧いただけません。