観光スポット案内

駒の蹄と投げ松(コマノツメトナゲマツ)

  • 50音で探す
  • あ行から探す
  • か行から探す
  • さ行から探す
  • た行から探す
  • な行から探す
  • は行から探す
  • ま行から探す
  • や行から探す
  • ら行から探す
  • わ行から探す

投げ松

  • 駒の蹄(法道仙人)

加西市との境の県道端に「駒の蹄(つめ)」があります。

県内の多くの寺院に開基伝説を持つ法道仙人が馬で空を駆け、途中この場所に降り、後ろ脚の蹄の跡が岩に残ったと伝えられています。

また、法道仙人が一乗寺から放り投げた松と言われる「投げ松」は、神木として守られています。

所在地
兵庫県加古川市志方町大澤
お問い合わせ
加古川観光協会(Tel.079-424-2170)
オススメ情報
ちょっとワンポイント
法道仙人は、6~7世紀頃に中国・朝鮮半島を経由して日本に渡ってきたとされるインドの仙人で、法華山一乗寺(加西市)・朝光寺(加東市)など、多くの古刹に開山・開基として名を残しています。また不思議な術を使う超能力の持ち主といわれ、各地に仙人にまつわる伝承が残っています。
アクセス方法
神姫バス「駒の蹄」
宝殿駅北口のりば
その他備考
わがまち加古川60選No.55
この地図(Google Map)は、JavaScriptというプログラムを使用して表示しております。ご利用のブラウザ環境ではJavaScriptが切られているためご覧いただけません。