観光スポット案内

手枕の松(住吉神社)(タマクラノマツ(スミヨシジンジャ))

  • 50音で探す
  • あ行から探す
  • か行から探す
  • さ行から探す
  • た行から探す
  • な行から探す
  • は行から探す
  • ま行から探す
  • や行から探す
  • ら行から探す
  • わ行から探す

住吉神社

  • 手前の松(住吉神社)

住吉神社の境内にあります。松が横に傾き、腕枕のように見えることから別府出身の俳人滝瓢水(たきひょうすい)が「手枕(たまくら)の松」と名付けました。

初代の松は大正末期に枯れ、現在の松は3代目です。

播州松巡りの東端にあたり、西に向かって浜宮天神社「菅公のお手植の松」、尾上神社「尾上の松」、そして高砂市の「高砂の松」、「曽根の松」まで名松が続いています。

所在地
兵庫県加古川市別府町東町157
お問い合わせ
別府住吉神社(Tel.079-436-0006)
オススメ情報
ちょっとワンポイント
多木化学の創業者が鳥居や灯篭を寄進
別府川の河口にある住吉神社は、古くから漁業や海上交通の守り神として親しまれてきました。
また、別府町は多木化学のお膝元として縁が深く、境内にある立派な鳥居や灯篭の多くは、創業者・多木久米次郎が寄進したものです。
アクセス方法
山陽電車「別府駅」
かこバス「スポーツ交流館前」
加古川駅前3番のりば
その他備考
わがまち加古川60選No.16
この地図(Google Map)は、JavaScriptというプログラムを使用して表示しております。ご利用のブラウザ環境ではJavaScriptが切られているためご覧いただけません。