観光スポット案内

平之荘神社・報恩寺(ヘイノソウジンジャ・ホウオンジ)

  • 50音で探す
  • あ行から探す
  • か行から探す
  • さ行から探す
  • た行から探す
  • な行から探す
  • は行から探す
  • ま行から探す
  • や行から探す
  • ら行から探す
  • わ行から探す

平之荘神社

  • 報恩寺

平之荘神社は、明治初年の神仏分離まで、西隣の報恩寺の鎮守神でした。

祭神は建速素盞鳴尊(たけはやすさのおのみこと)外6柱です。

播磨守護赤松則村の庇護を受け、近郷の人々のお参りが盛んでした。

現在の本殿は享保18年(1733)の造営と言われています。

毎年10月体育の日前の土・日曜日に行われる秋祭りには、獅子舞、樽みこしが奉納され、多くの人で賑わいます。
報恩寺は真言宗の寺院で、本尊は十一面観世音菩薩です。

元明天皇の和銅6年(713)慈心上人の開基と言われています。

鎌倉・室町時代の石造遺品が多く、県指定重要文化財の石造十三重塔、市内最古の石造五輪塔などがあります。

所在地
兵庫県加古川市平荘町山角478
お問い合わせ
平之荘神社・報恩寺(Tel.079-428-0073・ 079-428-0045)
オススメ情報
ちょっとワンポイント
地元の子供たちが演じる狂言
平之荘神社では、毎年2月に隣接する平荘小学校6年生が狂言を演じるという全国でも珍しい取り組みを行っています。
狂言師の先生から指導を受けて、築300年を超える境内の能舞台で堂々と演じる子供たちの姿は見応え十分です。
アクセス方法
神姫バス「山角」下車すぐ
加古川駅前5番のりば
その他備考
わがまち加古川60選No.44
この地図(Google Map)は、JavaScriptというプログラムを使用して表示しております。ご利用のブラウザ環境ではJavaScriptが切られているためご覧いただけません。