観光スポット案内 sightseeing spot information

春日神社・ニッケ社宅倶楽部 (カスガジンジャ ニッケシャタククラブ)

公園内にあるこの神社は、文治2年(1186)ごろ、時の雁南庄(がんなんしょう)の領主、糟屋有季(かすやありすえ)が奈良本宮の春日大社から分霊を迎えて建立しました。
加古川城主糟屋武則(かすやたけのり)は有季の子孫です。
境内には赤い壁が印象的な丸亀神社(通称「赤壁さん」)があります。この赤壁さんには化猫話が伝えられており、映画化もされました。近くには、春になれば庭の桜が見事な加古川に現存する唯一の異人館、ニッケ社宅倶楽部があります。

おすすめ情報

映画のロケ地にもなった「ニッケ社宅」
ニッケ社宅倶楽部は、明治末期から大正時代にかけて建てられた2棟の木造洋館です。
当初は欧米から招いた外国人技術者の居住施設として使われ、意匠や造りなど、往年の姿をそのまま残しています。
現在も社宅内の公会堂として使用されています。

その他備考

わがまち加古川70選 選定地

  • トイレ
  • 駐車場
  • レストラン
  • 売店
  • コインロッカー
  • 案内所

施設情報

所在地

兵庫県加古川市加古川町本町592

アクセス方法

JR神戸線「加古川駅」徒歩15分
神姫バス「加古川橋東詰」
加古川駅前5番のりば

お問い合わせ

加古川観光協会(079-424-2170)

ページの先頭へ

Translate »